伝える人のための天文学ワークショップ
@国立天文台三鷹キャンパス

~天文学の楽しさを よりたくさんの人に伝えるために~

趣旨

天文学の楽しさ・面白さを伝えようとする人が、最新かつ正しい知見を得た上で、その後の天文教育・普及活動に生かせる手法やアイデアを生み出すためのワークショップを開催します

開催概要

    
場所 国立天文台三鷹キャンパス
(すばる棟大セミナー室、4D2Uシアター)
日程 2018年 12月2日(日)~3日(月)
テーマ最先端の観測と理論で挑む惑星系の誕生
対象 科学館・公開天文台職員、教員、メディア関係者、
天文イベント主催者などの天文コミュニケーター
参加費 無料
中継 話題提供部分の中継を予定
定員 100名(事前申込制・先着順)
募集 11月15日(木)19日(月)まで延長)までWEBにて受付
※併せて、天文教育・普及の事例紹介を募集(一人15分程度)
主催 自然科学研究機構 国立天文台
講師 平松正顕(国立天文台)
深川美里(国立天文台)
武藤恭之(工学院大学)
相川祐理(東京大学)
堀 安範(アストロバイオロジーセンター)

会場アクセス

国立天文台 三鷹キャンパス

〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1

アクセス案内(ウェブサイト)

※国立天文台三鷹には見学者用有料駐車場がありますが、駐車台数(54台)・駐車できる時間帯(8時30分から17時30分)に限りがあります
基本的に公共の交通機関を使ってご来場ください。特別のご事情のため自家用車での来場が必要な場合は、あらかじめご相談ください。

プログラム

[1日目] 12月2日(Sun.)10:00-19:20
10:00-11:004D2Uドームシアター上映(自由参加)惑星系形成関連のムービー、アルマ望遠鏡現地映像など
11:00-11:10挨拶渡部 潤一(国立天文台副台長)
11:10-11:20趣旨説明縣 秀彦(国立天文台天文情報センター普及室長)
11:20-12:00イントロダクション平松 正顕(国立天文台)「惑星系誕生研究の基礎」
12:00-13:00昼食
13:00-14:40話題提供①深川 美里(国立天文台)「すばる・アルマ・TMTによる惑星系形成観測」
14:50-16:30話題提供②武藤 恭之(工学院大学)「新しい観測から惑星系形成を想像する理論研究」
16:40-16:50参加者事例紹介①木村 かおる(科学技術館)「研究機関と学校を結ぶ科学館の役割 ~教材の開発と実践」
16:50-17:00参加者事例紹介②高野 圭(北海道大樹高等学校)「イメージ豊かに宇宙を伝える-仮説実験授業≪宇宙への道≫を通した学校教育におけるイメージ検証授業の取り組み-」
17:00-17:10参加者事例紹介③野澤 信之(星のソムリエみたか)「四次元デジタル地球儀『ダジックアース』向けの コンテンツ作成ツールの紹介(実演)」
17:15-19:15グループワーク①(主に学校での授業向けの内容)
19:20-21:20情報交換会 (自由参加)
 
[2日目] 12月3日(Mon.)9:00-17:00
9:00-10:40 話題提供③相川 祐理(東京大学)「惑星系形成における化学」
10:50-12:30話題提供④堀  安範(アストロバイオロジーセンター)「太陽系外惑星系と惑星系形成」
12:30-13:30昼食
13:30-13:35お知らせ長山 省吾(国立天文台)「二次利用しやすくなった国立天文台ウェブサイト上の著作物」
13:35-14:45参加者事例紹介④小林 修二(名古屋市科学館)「名古屋市科学館プラネタリウムでの事例紹介」
13:45-14:55参加者事例紹介③小林 俊通(カナコー天文台)「私設天文台の運営事例(カナコー天文台)」
13:55-14:05参加者事例紹介⑥豊増 伸治(豊橋市視聴覚教育センター)「岩盤自主規制への穴の穿け方(地方プラネタリウムの場合)」
13:05-14:15参加者事例紹介⑦井上 拓己(山梨県立科学館)「プラネタリウム番組「いのちの星の作り方」の制作」
14:15-16:15グループワーク②(主に科学館・博物館、天文イベント等向けの内容)
16:15-16:25閉会挨拶

お申込み

お申込期限 2018年11月15日(木)まで

※携帯電話アドレスをお使いの場合は、 をご確認ください

お問い合わせ

電話から
0422-34-3688(一般質問電話)
※「伝える人のための天文学ワークショップ」担当をお呼び出し下さい

※やむを得ない場合以外、なるべくメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。

メールフォームから
お問い合わせフォーム

※携帯電話アドレスをお使いの場合は、 をご確認ください

Page top