南コース:第2日曜日 午後1時30分から午後3時30分 登録有形文化財を中心としたコース

1998年~2002年に国登録有形文化財になった第一赤道儀室、太陽塔望遠鏡、天文台歴史館を中心にしたコースです。常時公開コースに含まれていない太陽塔望遠鏡の内部にもご案内いたします。大正時代から現在までの天文台の様子と研究内容を知りたい、初めて国立天文台を訪問される方におすすめです。

第一赤道儀室
太陽系ウォーキング
太陽塔望遠鏡
天文台歴史館
  • START
  • 1.第一赤道儀室
    登録有形文化財
  • 2.天文台構内古墳
  • 3.太陽系ウォーキング
  • 4.太陽塔望遠鏡
    登録有形文化財
  • 5.天文台歴史館
    登録有形文化財
  • 6.展示室
  • GOAL

北コース:第4日曜日 午後1時30分から午後3時30分 測地学関連史跡を中心としたコース

レプソルド子午儀-ゴーチェ子午環-自動光電子午環(天文機器資料館内)という、天体の位置観測に使用された一連の望遠鏡や、一等三角点「三鷹村」ほか測地学関連史跡をご案内いたします。自由見学では立ち入れない奥地を歩き回りたい方、時刻決定や測地学に興味のある方におすすめです。

子午儀資料館
ゴーチェ子午環室
  • START
  • 1.日時計
  • 2.中央標準時記念碑
  • 3.旧図書庫
    登録有形文化財
  • 4.子午儀資料館
    登録有形文化財
    重要文化財レプソルド子午儀
  • 5.TAMA300(屋外で簡単な説明のみ)
  • 6.ゴーチェ子午環室
    登録有形文化財
  • 7.天文機器資料館

7.天文機器資料館以降は未舗装の道を歩きます。また、8.~12.の途中には自動販売機やお手洗いがありません。7.天文機器資料館までで文化財ツアーを終了することも可能です。

  • 8.三鷹国際報時所跡
  • 9.一等三角点「三鷹村」
  • 10.60m鉄塔跡
  • 11.基線尺比較室跡・菱形基線北端点
  • 12.菱形基線東端点可視化ピラミッド
  • GOAL

ご利用案内・注意事項

  • 参加費は無料です。
  • 定員は各回20名です。先着順、事前申し込みが必要です。
  • 小学生以下のお子様は、保護者同伴でお申し込み・ご参加ください。
  • 祝日、年末年始(12月28日~1月4日)は実施しません。
  • ツアーコースには未舗装の道が含まれます。動きやすい服装、歩きやすい靴でお越しください。
  • 蚊・ハチ、毒ヘビ等にご注意ください。特に夏場は虫よけ対策を十分にしてお越しください。
  • 夏場は、飲み物や帽子、日傘等、熱中症対策をしてお越しください。特に「北コース」の後半では、途中に自動販売機などもありませんのでご注意ください。
  • 冬場は、あたたかい格好でお越しください。
  • 雨天でも開催いたしますが、悪天候・災害時など、実施が困難と判断した場合は中止することがありますのであらかじめご了承ください。
  • 緊急事態の場合は、途中でツアーを中止させていただく場合がありますのでご了承ください。
夏場の服装について
夏場の服装について