すばるのデータで宇宙旅行 バナー

ハワイ島マウナケア山頂にあるすばる望遠鏡では、超広視野主焦点カメラ「ハイパー・シュプリーム・カム」(Hyper Suprime-Cam、以下HSC)が2013年から稼働しています。HSC を使った戦略枠観測プログラム(HSC-SSP)が2014年より始まりました。その第一期データが、2017年2月に全世界に公開され、誰でもすばる望遠鏡の本物のデータに触れることができます。あなたも「HSCの画像ビューア」を使って、すばる望遠鏡のデータで宇宙旅行を楽しみませんか。

目次

HSCの画像ビューアは、研究者がHSC画像を扱うアプリケーション「hscMap」をベースに作成されました。


ウェブサイト・HSCの画像ビューア利用規程

本ウェブサイト、HSCの画像ビューアには、原則として国立天文台ウェブサイト利用規程が適用されます。国立天文台ウェブサイト著作物利用ガイド(利用規程の解説・補足)ページに記載されている通り、下記の範囲において事前の許諾なく利用することができます。

  • 日本の著作権法が定める自由利用の範囲(私的利用、教育利用、報道利用など)
  • 学術研究・教育・学習活動での利用
  • 報道機関における利用
  • 出版物における利用
  • ウェブページ、ソーシャルネットワークにおける利用

HSCの画像ビューアご利用時のクレジット表記は、
クレジット:HSC-SSP/M. Koike/国立天文台、Credit: HSC-SSP/M. Koike/NAOJ 等
のようにご記載下さい。