2015年度の文化財ツアーは終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。2016年度からは、新しい形で文化財イベントを開催する予定です。詳細は決まり次第、お知らせいたします。

国立天文台三鷹キャンパスについて

国立天文台三鷹キャンパス

国立天文台は、世界最先端の観測施設を擁する日本の天文学のナショナルセンターです。大学共同利用機関として全国の研究者の共同利用を進めるとともに、共同研究を含む観測・研究・開発を広く推進し、また国際協力の窓口として、天文学および関連分野の発展のために活動しています。

国立天文台の前身である東京天文台は、大正3年から13年にかけて麻布飯倉から三鷹に移転してきました。緑が多く、静かな構内には、移転当時の面影を残す大正期の建物が点在しています。

国立天文台公式サイト