天文情報センターとは About us

メッセージ

国立天文台は、日本が世界に誇る天文学の総合研究所です。光や電波などあらゆる波長の望遠鏡やアンテナ、はては人工衛星やスパコンなどあらゆる手段を駆使して宇宙の謎に迫る、その生き生きとした天文学研究の最前線を市民の皆さまにわかりやすくお届けすることが、われわれ天文情報センターの使命です。

宇宙に関する新発見や最新の研究成果のみならず、春分・秋分の日や日の出・日の入りなど日常生活に密着するこよみの計算、さらには、日食やほうき星など、だれもが楽しめる天文イベントについてもお知らせする「宇宙(そら)の窓口」として毎日活動しています。「天文学って本当に面白い」と誰にでも思ってもらえるよう、無料で毎日行っている施設公開や情報満載のウェブページなどを通して、良質の科学エンターテインメントを提供していければと願っています。

センター長福島登志夫

沿革

1994年広報普及室発足
1995年国立天文台ウェブサイト立ち上げ
1996年4月50センチ公開望遠鏡による定例観望会開始
1998年6月広報普及室と新天体情報室と暦計算室がひとつになり、天文情報公開センターが発足
2000年7月三鷹キャンパスの常時公開開始
2004年4月天文情報公開センターに図書係と広報係が加わる
2005年8月天文情報公開センターを改組し、天文情報センターが発足
2011年レプソルド子午儀が国の重要文化財に指定
2014年天文情報センターに国際普及室が加わる
2019年4月天文情報センターに周波数資源保護室が加わる

広報室 Public Relations Office

「新しい宇宙の姿」をお手元に

室長: 山岡均

「新しい宇宙の姿」をお手元に

天文と聞くと、自分とは関係のないものと考える方もいらっしゃるかもしれません。

いいえ、そんなことはないのです。

月に照らされた夜道を歩きながら、遠い昔に月がどうやってかたち作られたかを考えることもできます。光を放つ星はいずれ最期のときを迎えますが、その大爆発が古文の授業で学ぶ書物に残されています。天文の話題は、さまざまなところに満ちあふれているのです。

広報室では、国立天文台の観測・研究施設で得られた最新の研究成果、天文に関係するさまざまな話題を、わかりやすい形で皆さんにお届けします。記者発表やウェブサイトでのリリース、メールニュースやSNSといった多彩なメディアを活用しています。さらに、解説動画の制作や講演会の中継、普及室や出版室と協力連携した多様なイベント・情報発信を実施していきます。

あなたと天文を結び付けること。それが広報室の目標です。

室長山岡均Hitoshi Yamaoka

おもな活動内容

インターネットでの情報発信

国立天文台ウェブサイトを運営し、安定かつ継続的な情報発信を続けている。不定期にメールマガジンも発行。

プレスリリース

国立天文台の研究成果等のプレスリリースや記者会見の開催。

ネット中継、動画制作

日食や月食等の注目の天文現象や講演会をインターネット中継。動画の制作も。

市民天文学

すばる望遠鏡などの国立天文台の観測機器が生み出すデータを活用し、市民が参加する科学を通じて研究者とリンクする。

国際広報

プレスリリース等の英文での情報発信、海外ジャーナリストとの関係構築のための集会出展。

普及室 Outreach and Education Office

天文学の普及と科学文化の形成を目指して

室長: 縣秀彦

天文学の普及と科学文化の形成を目指して

天文学はもっとも古い学問の一つであり、「みんなの科学」とも呼ばれています。普及室は、天文学の普及と科学文化の形成を目的に、天文学に関連した科学コミュニケーション活動を国立天文台内外の関係者・協力者とともに広く展開しています。 (1)三鷹本部の施設公開事業(定例観望会や4D2Uドームシアターの公開等を含む)、(2)質問電話等のリファレンスサービス、(3)街中や学校に出向いてのアウトリーチ活動、(4)天文・宇宙に関わる諸機関・団体と協力しての全国規模のキャンペーン、各種イベントや勉強会、(5)国際天文学連合(IAU)やユネスコ他と協力しての国際的な科学教育支援活動のほか、独自に(6)望遠鏡キット、ポスター、天文グッズ、映像やソフトウェアなどのコンテンツ開発と配布も行っています。 天文学をはじめ自然科学全般が人びとの幸福にさらに寄与することを目的に、一人一人の子どもたちや市民に寄り添ったきめ細やかなコミュニケーション活動を目指しています。

室長縣秀彦 Hidehiko Agata

おもな活動内容

施設公開部門

普及室は、開かれた研究施設としての国立天文台の本部である三鷹キャンパスの公開や定例イベントを実施しています。 具体的な活動内容

質問サービス部門

普及室は、皆様から寄せられる天文・宇宙に関する質問に答え、天文学への関心と理解を深める情報を提供しています。 具体的な活動内容

イベント・教育部門

普及室は、広く天文学の普及と教育を目指したイベントを企画・実施しています。 具体的な活動内容

コンテンツ部門

普及室では、各部門で行う普及・教育活動の紹介、天文現象を体験し理解を深めるための参考情報などをウェブコンテンツとして発信していきます。その他、印刷物や教材などのコンテンツ制作にも取り組んでいます。 具体的な活動内容

周波数資源保護室 Frequency Resource Protection Office

電波天文観測環境の保護

室長: 大石雅壽

電波天文観測環境の保護

電波天文観測で受信する電波は非常に微弱です。月と地球の間で携帯電話を用いて通話できると思う方は皆無でしょう。ところが、超高感度の観測ができる電波望遠鏡を使うと、月面に置いた携帯電話から出る電波は、全天の電波天体トップ10に入るほど強力に見えるのです。言い換えると、私達が生活を便利にするために利用している無線機器が出す人工電波に対して電波望遠鏡はとても脆弱なのです。

周波数資源保護室は、人工電波から電波天文観測を適切に保護する目的で2019年4月に新設された部署です。電波は有限の資源ですから、電波天文と無線利用者が上手く棲み分ける必要があります。日本政府が定める電波法や国際電気通信連合が定める無線通信規則は、様々な電波利用を可能にするための基本ルールとなっています。周波数資源保護室は、電波天文研究者からの様々な要望を踏まえながら、ルールに則って無線利用者との棲み分けや電波干渉を防止するために日々地道な活動を行っています。

室長大石雅壽Masatoshi Oishi

おもな活動内容

会議と交渉

総務省や国際電気通信連合の会合に参加し、無線利用者と丁々発止のバトルを展開しています。

暦計算室 Ephemeris Computation Office

日本の暦を決定する

室長: 片山真人

日本の暦を決定する

暦計算室のもっとも重要な役割は、国立天文台の設置目的のひとつでもある「暦書の編製」として、暦象年表を刊行することです。そのため、太陽・月・惑星の視位置をはじめ、春分・秋分を含む二十四節気・雑節、日の出・日の入、月の出入、日食・月食・日面経過・惑星現象といったさまざまな天文現象の推算をしています。こうした、こよみに関する情報は日常生活に密接にかかわり、高い関心が寄せられていますので、理科年表や暦計算室ウェブサイトなどを通じていつでも手軽に利用できるようにしています。

さらに、図書室と共同で国立天文台の保有する貴重資料の公開も行っています。

室長片山真人 Masato Katayama

おもな活動内容

暦象年表の刊行

太陽・月・惑星の視位置やさまざまな天文現象などの情報を掲載しています。

暦要項の発表

暦象年表からとくに重要な情報を抜粋し、毎年2月の最初の官報で、翌年の暦要項を発表しています。

理科年表暦部の編纂

日本でもっとも信頼されている「自然界の辞典」として、90年以上の歴史をもつ理科年表を、多くの研究機関の協力を得て刊行しています。

図書係 Library

日本における天文学関係の拠点図書室

係長: 爲房瑞穂

日本における天文学関係の拠点図書室

国立天文台図書係は、天文学や宇宙科学および周辺分野の図書、雑誌、視聴覚資料、マイクロフィルムなど国内外の専門資料を多数、収集・整理・保存しています。一般向けの図書もあり、年代も最新の学術雑誌から江戸時代の古文書まで、幅広くカバーしています。

閲覧室は南棟の1・2階にあり、静かな室内でゆっくり資料をご覧いただけます。主な利用者は国立天文台の構成員、共同研究者、学生などですが、平日は昼休みを除き、他機関所属の方や一般の方にも開放しています。全国各地にある国立天文台観測所の図書室とも連携して、全国の大学図書館・機関への資料提供や図書室に来られない方への複写物郵送(有料)も行っています。また暦計算室と合同で天文台歴史館での貴重書常設展示を行っています。

係長爲房瑞穂 Mizuho Tamefusa

おもな活動内容

天文学とその周辺分野における国内外の書籍を所蔵。

一般の方への図書室開放

平日には一般の方も図書室をご利用いただけます。

貴重書の保管・展示公開

江戸幕府天文方の所蔵していた和漢書を中心に和漢書、暦本、洋書を3000冊ほど所蔵しています。

国立天文台の研究者用に電子ジャーナルを提供

天文学・宇宙科学分野を中心に5000タイトル以上の電子ジャーナルを提供しています。

出版室 Publications Office

国立天文台の各種刊行物の編集・刊行

室長: 福島登志夫

わかりやすい出版物で国立天文台を紹介いたします

国立天文台はどんなところで、何をやっているんだろう。美しい天体写真や生き生きとした天体ムービー、宇宙の謎解きストーリーや研究に夢中な天文学者の姿など、さまざまな方向から、国立天文台と天文学の魅力を、読み物満載の広報誌や楽しいパンフレット、あるいは今流行の電子書籍などの力を借りて、日本国民、いいえ全世界の人々の皆さんにお届けする。これが、我々出版室の使命です。

時には、難しい学術論文や生真面目な統計数字も、お目にかけることもありますが、少し難しいかなと思える研究結果も、わかりやすく言い換えて読者の皆さんにお届けしますし、電波恐竜アルマーの冒険などマンガで気楽に楽しめるよう、いろいろ仕掛けも施しています。どうぞ、国立天文台のパンフレットや読み物をご笑覧ください。

室長福島登志夫 Toshio Fukushima

おもな活動内容

年次報告国立天文台報の制作発行

国立天文台の年次報告と国立天文台報を随時制作発行してます。

国立天文台ニュース

月に1回、国立天文台の研究成果やトピックスをご紹介。

パンフレット

日本語版を年に1回、英語版を2年に1回、制作発行。

その他、各種印刷物

カレンダー、ポスター、リーフレット等の各種広報・教育普及用の印刷物の制作発行。

国際普及室(OAO) IAU Office for Astronomy Outreach

Astronomy for Everyone

室長: 縣秀彦

みんなの天文学 ―IAUと共に―

平成24年度に国際天文学連合(IAU)と国立天文台が協定書を交わし、国立天文台三鷹に設置することとなったIAUの国際普及室(OAO:Office for Astronomy Outreach)は、平成26年度からは天文情報センター・国際普及室(OAO室)として活動しています。

IAUのアウトリーチ・コーディネータであるLina Canas(ポルトガル出身)を中心に、日本人スタッフ(併任)もその活動を支援しています。

OAO室はNational Outreach Contacts(NOC、各国のアウトリーチ窓口)との協力関係を構築すると共に、CAPジャーナル誌の編集・発行を担当しています。また、天文翻訳プラットフォームを運用することの他、「IAU100周年記念事業」、「輝け!地上の星たち☆(Inspiring Stars)」、IAUシンポジウムなど様々な国際イベント・キャンペーンなどを手掛けています。また、コミュニケーション活動として、IAUのOAOニュースレター(月2回)、パンフレット、ビデオなど情報発信媒体の制作、IAUの各ソーシャルメディアからの発信、IAUウェブサイトコンテンツの制作、そして、国立天文台の国際関連の普及業務への協力などを行っています。

室長縣秀彦 Hidehiko Agata

おもな活動内容

国と国をつなげる―各国NOCSと共に

IAUでは各国のNOCS(National Outreach Contacts、コンタクトパーソン)を決めています。OAOはNOCSとのネットワークを通じて、天文学のアウトリーチ活動を推進しています。

天文分野の科学コミュニケーション専門誌

天文系のアウトリーチや科学コミュニケーションに関しての査読論文誌を年2回発行しています。

各国の言語で天文学に親しめるサービスを

天文翻訳プラットフォームは、世界中のボランティアによる天文関連文章の翻訳作業のネットワークです。登録ボランティアは約400名、言語毎に作業グループを形成して翻訳に取り組んでいます。

創設100年を迎えた国際天文学連合(IAU)

2019年のIAU100周年事業を、IAU事務局やライデン大学(オランダ)に設置されたIAU100事務局と協力して進めています。国立天文台望遠鏡キットの国際頒布のほか、グローバルプロジェクトの「輝け!地上の星たち☆(Inspiring Stars)」、 「Dark Skies for All」および「太陽系外惑星命名キャンペーン(Name ExoWorlds) II」の3事業を担当しています。

天文コミュニティにインクルージョンの実装を

視覚の有無を問わず誰もが楽しめる「輝け!地上の星たち☆(Inspiring Stars)」の触れる展示や世界各国でワークショップを主催しています。

人に伝える―IAUアウトリーチ・ニュースレターの発信を通じて

月2回、OAOが発信する「IAU天文学アウトリーチニュースレター」はどなたでも読むことができます。地域の活動、国際的な活動など世界中の最新情報を入手しましょう。

人とつながる―ソーシャルメディアを通じて

OAOは特にFacebookとTwitterを通じて、天文アウトリーチ情報を発信し、世界中の人々との直接交流を目指しています。

みんなの知りたい天文トピックスを解説

最新天文学トピックスの易しい解説はもちろん、IAUが長年に渡って受けてきた世界中の皆さんからの質問、例えば、光害の影響や天文学者になるには?等の回答を作成しています。

アクセス・お問い合わせ Contact

国立天文台 天文情報センター

〒181-8588
東京都三鷹市大沢2-21-1 天文情報センター Google マップで見る

南棟3階/2階/1階

0422-34-3688(兼質問電話)

お問い合わせ