天文情報センターとは About us

メッセージ

国立天文台は、日本が世界に誇る天文学の総合研究所です。光や電波などあらゆる波長の望遠鏡やアンテナ、はては人工衛星やスパコンなどあらゆる手段を駆使して宇宙の謎に迫る、その生き生きとした天文学研究の最前線を市民の皆さまにわかりやすくお届けすることが、われわれ天文情報センターの使命です。

宇宙に関する新発見や最新の研究成果のみならず、春分・秋分の日や日の出・日の入りなど日常生活に密着するこよみの計算、さらには、日食やほうき星など、だれもが楽しめる天文イベントについてもお知らせする「宇宙(そら)の窓口」として毎日活動しています。「天文学って本当に面白い」と誰にでも思ってもらえるよう、無料で毎日行っている施設公開や情報満載のウェブページなどを通して、良質の科学エンターテインメントを提供していければと願っています。

センター長福島登志夫

沿革

1994年広報普及室発足
1995年国立天文台ウェブサイト立ち上げ
1996年4月50センチ公開望遠鏡による定例観望会開始
1998年4月広報普及室と新天体情報室と暦計算室がひとつになり、天文情報公開センターが発足
2000年7月三鷹キャンパスの常時公開開始
2005年8月天文情報公開センターに図書係と出版係が加わり、天文情報センターが発足
2011年レプソルド子午儀が国の重要文化財に指定

人員

37名(フルタイム:14名、パートタイム:23名)(2013年4月現在)

広報室 Public Relations Office

最新の研究成果をみなさんと共有するために

室長: 生田ちさと

最新の研究成果をみなさんと共有するために

天文学に限らず、科学の成果は研究者だけのものではありません。広報室は、国立天文台の広報センターとして、最新の天文学の成果、そして成果に至るまでの過程も社会に伝え、宇宙の不思議と魅力を皆様と共有することをミッションと捉えています。

そのために、主にインターネットを通じた、一般の方々一人ひとりに対する情報発信・情報共有と同時に、報道関係者、科学コミュニケーター、教育者に向けた文章・画像・動画・展示物などの素材を提供し、共有し、活用していただけるような仕組みをつくることが大切だと考えています。

大型化する天文・宇宙科学の観測装置を建設・運用するために、ますます国際協力が重要となっています。広報室では、世界に向けて天文・宇宙の研究を応援してくれる人々を増やす活動を行っていこうとしています。

室長生田ちさと Chisato Ikuta

おもな活動内容

インターネットでの情報発信

国立天文台ウェブサイトを運営し、安定かつ継続的な情報発信を続けている。不定期にメールマガジンも発行。

プレスリリース

国立天文台の研究成果等のプレスリリースや記者会見の開催。

ネット中継、動画制作

日食や月食等の注目の天文現象や講演会をインターネット中継。動画の制作も。

普及室 Outreach Office

天文学の普及と科学文化の形成を目指して

室長: 縣秀彦

天文学の普及と科学文化の形成を目指して

天文学はもっとも古い学問の一つであり、「みんなの科学」とも呼ばれています。普及室は、天文学の普及と科学文化の形成を目的に、天文学に関連したサイエンスコミュニケーション活動を国立天文台内外の関係者・協力者とともに広く展開しています。

(1)質問電話等のリファレンスサービス、(2)街中や学校に出向いてのアウトリーチ活動、(3)天文・宇宙に関わる諸機関・団体と協力しての全国規模のキャンペーン、各種イベントや勉強会、(4)国際天文学連合(IAU)やユネスコ他と協力しての国際的な科学教育支援活動のほか、独自に(5)ポスター、天文グッズ、映像やソフトウェアなどのコンテンツ開発と配布も行っています。

天文学をはじめ自然科学全般が人びとの幸福にさらに寄与することを目的に、一人一人の子どもたちや市民に寄り添ったきめ細やかなコミュニケーション活動を目指しています。

室長縣秀彦 Hidehiko Agata

地域・全国・国際の三本柱

  1. 質問電話等のリファレンスサービス
  2. 街中や学校に出向いてのアウトリーチ活動
  3. 天文・宇宙に関わる諸機関・団体と協力しての全国規模のキャンペーンなど
  4. 国際的な科学教育支援活動
  5. ポスター、天文グッズ、映像やソフトウェアなどのコンテンツ開発と配布

おもな活動内容

ミュージアム検討室 Museum Project Office

天文ミュージアム構想の具体化と施設公開事業の推進

室長: 大島紀夫

天文ミュージアム構想の具体化と施設公開事業の推進

ミュージアム検討室は、旧アーカイブ室から2013年度に衣替えし発足しました。従来は博物館構想として検討を進めてきましたが、古い物の収集、展示がメインではなく、最新の天文学をメインにし、これに繋がるように過去のものから未来への系統づけての表現、展示をということで、天文ミュージアム構想を具体化することになり、これを進めていきます。

また、衣替えとともに施設公開事業の部分を検討室に集中し、一手に引き受けています。来台者、申し込み者が増え、その対処と、ミュージアム機能の一つと考えると、バリアフリー化も出来るところから進めています。天文機器、資料のアーカイブズも大切で、失われる前に収集保存、展示し、天文の歴史から最新の天文学までを分かりやすく公開、展示することを進めていきます。

室長大島紀夫 Norio Ohshima

おもな活動内容

三鷹キャンパスの公開

常時公開、定例観望会や4D2Uドームシアター公開、三鷹キャンパスのガイドツアー等、三鷹キャンパスの公開事業を推進しています。また取材対応や団体見学対応も積極的に行っています。

暦計算室 Ephemeris Computation Office

日本の暦を決定する

室長: 片山真人

日本の暦を決定する

暦計算室のもっとも重要な役割は、国立天文台の設置目的のひとつでもある「暦書の編製」として、暦象年表を刊行することです。そのため、太陽・月・惑星の視位置をはじめ、春分・秋分を含む二十四節気・雑節、日の出・日の入、月の出入、日食・月食・日面経過・惑星現象といったさまざまな天文現象の推算をしています。こうした、こよみに関する情報は日常生活に密接にかかわり、高い関心が寄せられていますので、理科年表や暦計算室ウェブサイトなどを通じていつでも手軽に利用できるようにしています。

さらに、図書室と共同で国立天文台の保有する貴重資料を公開したり、アマチュア天文家の活動支援として、超新星や彗星など、新たに天体を発見した際の窓口の役割を担ったりもしています。

室長片山真人 Masato Katayama

おもな活動内容

暦象年表の刊行

太陽・月・惑星の視位置やさまざまな天文現象などの情報を掲載しています。

暦要項の発表

暦象年表からとくに重要な情報を抜粋し、毎年2月の最初の官報で、翌年の暦要項を発表しています。

理科年表暦部の編纂

日本でもっとも信頼されている「自然界の辞典」として、80年以上の歴史をもつ理科年表を、多くの研究機関の協力を得て刊行しています。

図書室 Library

国内外の専門資料を多数そろえる

係長: 堀真弓

天文学や宇宙科学の資料を集めた図書室です。

日本における天文学関係の拠点図書室として、天文学や宇宙科学およびその周辺分野の図書、雑誌、視聴覚資料、マイクロフィルムなどを収集・整理・保存しています。専門書が主ですが一般向けの図書もあり、年代も最新の学術雑誌から江戸時代の古文書までと幅広くカバーしています。

閲覧室は南棟の1・2階にあり、静かな室内でゆっくり資料をご覧いただけます。主な利用者は国立天文台の構成員、共同研究者、学生などですが、平日は他機関所属の方や一般の方にも開放しています(昼休みを除く)。また全国各地にある国立天文台観測所の図書室とも連携して、全国の大学図書館・機関などへの資料提供や図書室に来られない方への複写物郵送(有料)なども行っています。また暦計算室と合同で天文台歴史館にて貴重書常設展示を行っています。

係長堀真弓 Mayumi Hori

おもな活動内容

天文学とその周辺分野における国内外の書籍を所蔵。

一般の方への図書室開放

平日には一般の方も図書室をご利用いただけます。

貴重書の保管・展示公開

江戸幕府天文方の所蔵していた和漢書を中心に和漢書、暦本、洋書を3000冊ほど所蔵しています。

国立天文台の研究者用に電子ジャーナルを提供

天文学・宇宙科学分野を中心に約5,000タイトル以上の電子ジャーナルを提供。

出版室 Publications Office

国立天文台の各種刊行物の編集・刊行

室長: 福島登志夫

わかりやすい出版物で国立天文台を紹介いたします。

国立天文台はどんなところで、何をやっているんだろう。美しい天体写真や生き生きとした天体ムービー、宇宙の謎解きストーリーや研究に夢中な天文学者の姿など、さまざまな方向から、国立天文台と天文学の魅力を、読み物満載の広報誌や楽しいパンフレット、あるいは今流行の電子書籍などの力を借りて、日本国民、いいえ全世界の人々の皆さんにお届けする。これが、我々出版室の使命です。

時には、難しい学術論文や生真面目な統計数字も、お目にかけることもありますが、少し難しいかなと思える研究結果も、わかりやすく言い換えて読者の皆さんにお届けしますし、電波恐竜アルマーの冒険などマンガで気楽に楽しめるよう、いろいろ仕掛けも施しています。どうぞ、国立天文台のパンフレットや読み物をご笑覧ください。

室長福島登志夫 Toshio Fukushima

おもな活動内容

年次報告、国立天文台報の制作発行

国立天文台の年次報告と国立天文台報を随時制作発行してます。

国立天文台ニュース

月に1回、国立天文台の研究成果やトピックスをご紹介。

パンフレット

日本語版を年に1回、英語版を2年に1回、制作発行。

その他、各種印刷物

カレンダー、ポスター、リーフレット等の各種広報・教育普及用の印刷物の制作発行。

アクセス・お問い合わせ Contact

国立天文台 天文情報センター

〒181-8588
東京都三鷹市大沢2-21-1 天文情報センター Google マップで見る

南棟3階/2階/1階

0422-34-3688(兼質問電話)

お問い合わせ