上に戻る

国立天文台で、宇宙を身近に感じてみませんか。

街明りがあふれ星の光を覆ってしまう都会の空にも
宇宙が確かに広がっていることを思い出してください。
国立天文台三鷹では、毎月天体観望会を開催しています。

天体望遠鏡を通して季節毎に楽しめる天体をのぞきこみながら、
遠い天体の素顔を今私たちがどこまで知っているか学びませんか。

空を見上げて天体の動きや現象を見つめる体験は
最先端の宇宙観へとつながります。
宇宙の謎に挑む天文学の研究センター・国立天文台三鷹の夜に
天文学の面白さを見つけに来てください。

開催日一覧を見る

お知らせ

(2021/09/28更新) 次回オンライン定例観望会情報

2020年8月より、定例観望会をオンラインで開催しています。定例観望会名物の学生スタッフによる4次元デジタル宇宙ビューワー"Mitaka"を用いての宇宙の解説、そして天体の解説などをお楽しみください。

  • 次回開催予定は11月27日(土)です。開催時間は18:00-19:30(予定)です。視聴ページへのリンクは開催日一覧から。
  • これまでにYouTube Liveで配信した映像を視聴可能です。オンライン配信アーカイブ

(2021/03/30更新) 2021年度開催予定

  • 2021年4月~2022年3月までの定例観望会開催日程と対象天体を掲載しました。

新型コロナウイルス感染症に関連した対応について

(2021/03/30更新) 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、当面の間、定例観望会を中止しております

  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、国立天文台三鷹の定例観望会は、三鷹キャンパスでの実施を中止しております。2020年8月よりオンラインでの実施に取り組んでいます。
  • 状況によっては、上記以降の開催にも影響の出る場合もあります。また、再開後も感染拡大を防ぐため通常とは異なる体制での実施となる可能性があります。

再開につきましては国立天文台のウェブサイトやSNSにてご案内いたします。みなさまのご理解、ご協力をお願いします。